SSブログ

何を占ってもらいたいの?その5 [サリーの占い]

こんにちは。
サリーです。

以前、占いにも意志が大事だと言いました。

とはいえ、
何を尋ねたらいいか分からない、
という時もあります。

本当に大した悩みもない、というときもありましょう。
一方で、悩み過ぎてどう尋ねたらいいのか分からなくなってしまった、
というときもありましょう。

後者の場合、
自分で一生懸命に考えています。自問自答もしているでしょう。
ああでもない、こうでもない、と。
ゆえに、そうだ誰かに助言をもらおう、と思い立ったときには、
「どうしたらいいか分からなくて」
という心の状態になっていることがあります。
「どうしたらいいかと思って」
と発したとたん、
「どうしたらいいか、って自分で考えないのですか?」
といった冷たい言葉を言う、指導者なる人もいます。

余談ですが、私も言われたことがあります。
私の場合、その人は立派な人だから、その人に尋ねるのは最後の最後だろう、
というある意味尊敬の思いから辿り着いた状況だったわけです。
私のその人への尊敬の気持ちは皆無になりました。
何かのマニュアルだったのかもしれません。
別の意味で、この人も、自分で考えていないのだな、とがっかりしました。

もちろん、自分で考えることをしないで、
答えだけ求めようとすること、それもまた違いますよ。

さて、何を尋ねたらいいか分からないときは、
サリーの前に座ってください。
そして、カードを引いてみましょう。
カードは必ず何かを伝えてきます。
そこから私とあなたの対話がはじまり、
いえ、あなたとあなたの心との対話がはじまっていくでしょう。
いつの間にか、具体的な質問をしているかもしれないし、
なんとなく気持ちの整理がついたりするかもしれません。

私の占いの場合、
カードを切っているときに、飛び出してきたりするカードがあります。
それは、明らかにカードからのメッセージ。
今、あなたにカードが伝えたいこと、です。

カードは、予想以上に正直なんです。
ときどき、首を傾げるような伝言だったとしても、
そこには深い意味が込められている場合が多いので、
それ、違う、と思わずに、
ちょっとゆっくり思いを致してみることをお勧めします。

あ、それから、もうひとつ。
なにを聞いたらいいか分からないけど、なんとなく、
という人もぜひどうぞ。
サリーのタロットに関心を抱いたということは、
「何か」あるのですから。

占いセラピー  

http://www.k5.dion.ne.jp/~tenshi-7/therapy.html

メール お問い合わせ ご予約

http://www.k5.dion.ne.jp/~tenshi-7/letter.html



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。