SSブログ

今週2020年4月27日~5月3日のタロットカード「死神的お片付け」 [年月週カードエネルギー]

ご訪問ありがとうございます。

今週4月27日~5月3日のカードは
No13「死神」です。

ウイルス感染拡大に人類が戸惑っている今、
「死神」は何を私たちに伝えようとしているのでしょうか。
文字通り「死」でしょうか?

このカードを引いた相談者さんのほとんどが恐れます。
(私の占いをご存知の方は、そうではないことをすでにご理解いただいていると思います)

そもそも「死神」カードは「死」を意味していません。
「変化」「変容」です。
忌み嫌われる筋合いはないよ、と言っています。

すなわち、ここから先に変化していくということは、
ここまでのことが死んでゆく、ということです。
別の言い方をしますと、
変化して新しい方向へ行くためには、
古い世界観を手放していかなければならない、ということです。

新型コロナ、COVID19はまさに「それ」を世界に突きつけてくるかのようです。

マクロ的にもこれは起きていますし、大勢の学者が発信していることですが、
ミクロ、個人的にもこのカードのエネルギーをせっかくなのでぜひ使いましょう。

自分はどのような働き方や生き方が理想だったのか、
ということに思いを致す良い機会です。

stay homeですので、普段できないこと、
忙しくて後回しにしてきたこと、
家、部屋の整理整頓にはうってつけです。

不必要なもの、古いなぁと感じるものは捨ててください。
もちろん、ただし、大切なものまで捨てないように。
断捨離とか終活とかで、ガンガン捨てることも流行りですが、
調子に乗って、本当に大事なものもうっかり捨ててしまって後悔するというようなこともけっこうあります。

不必要なものを捨てるには、必要なものが分かっていなければなりません。
本当に必要なものが分かっていないので捨てられないのです。

整理整頓作業という行動のなかで、必要なものとそうでないものが明らかになってくるということもありますので、ぜひ「死神的お片付け」をおすすめします。

片付けの最中に、忘れ去っていたものが蘇ってくることもあります。それが、これからの自分の歩む道を示してくれたりもします。

今週をぜひ、家、部屋の掃除、整理整頓に使ってみましょう。
具体的なお片付け方法は、世に出回っている片付け術でも、自分流でもなんでも構いません。
が、方法論に囚われすぎてしまいますと、本来の目的を見逃してしまったり、ただ片付けただけで満足してしまうかもしれませんので、注意しましょう。

とはいえどのような作業でも、そこから得るもの、気づきは必ずあります。
とりあえず、机の上、テーブルの上を片付けてみましょう。本棚、食器棚、クローゼットを覗いてみましょう。
出てきたアルバムや昔読んだ本に釘付けになってもいいじゃないですか。1週間ありますから。
もし片付けきれなくても、ふと目にとまった物が、あなたを導いてくれますよ。

コロナ禍で仕事について再考している人々にも、これからへのヒントが掘り出されてきたり、ひらめきが来たりするかもしれません。


仕事/理不尽な要求を受ける必要はありません。
人間関係/親しき仲にも礼儀あり。
恋愛/今を大事にしましょう。


=^_^=★
メール対応の占い、ご相談ができます。
詳細は下記ホームページでご確認ください。
お気軽にお問い合わせください。
臨機応変の対応をさせていただきます。
こちらからお申し込みいただけます。

メール対応占いお申し込みメールフォーム

=^_^=★
年、月、週のカードを合わせて計画を立てるのもOK。
これらは世界万人共通のエネルギーです。
個々人には個々人のエネルギーサイクルもあります。
両方参考にしていただきますと、より良いヒントになると思います。

占いセラピーのご予約はこちらからできます。

占いセラピーご予約メールフォーム
お気軽にどうぞ。
お待ちしております。

詳しくはホームページでご確認ください。

「サリーの占いセラピー」


=^_^=★
こちらのサイトでは
ヨーロッパ式の月曜はじまりのカレンダーを使っています。
私の師匠がヨーロッパ人ですので。


コメント(0) 
共通テーマ:占い